サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)とは、Web3.0に完全対応した「Webサイト」「IDOプラットフォーム」「NFTマーケットプレイス」をノーコードで作成できる仮想通貨プロトコルです。

\プレセールは終了しました/

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) 購入ページ

※上記お申込みページから購入した方を対象に、購入者限定でSEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)の情報交換ができるSACトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します。

 

SEARCH PROTOCOLは今後数年で、Web3.0とブロックチェーンが浸透することで「分散型」の未来が到来すると考えています。

Web2.0の欠点を克服し、誰もがコンテンツクリエイターとなりコンテンツの独占的な権利と所有権を獲得できるWeb3.0の世界をSACトークンが実現します。

当ページでは、そんなSEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)について、日本語でわかりやすくご紹介します。

※プレセールでの買い方が知りたい方は、SACトークンの購入方法(操作方法)をクリックしてページ下部へジャンプしてください。

公式申し込みページのリンクも掲載しているため、プレセールへの参加を希望されている方は合わせてご覧ください。

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) LINE公式アカウント

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) ツイッター

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) オープンチャット

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)とは、Web3.0時代を先取りした先進的プロジェクト

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)とは?

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)とは、分散化されたインターネットを表す「Web3.0」に対応したWebサイトを簡単に制作できるマルチプラットフォームです。

仮想通貨Avalanche(アバランチ/AVAX)のブロックチェーン上に構築され、Shopify(ショッピファイ)やWIX(ウィックス)のようにノーコードでWeb3.0サイトを簡単に作成できます。

また、SEARCH PROTOCOLは、分散型ストレージのプロジェクトでもあります。

分散型ストレージは、すでにFilecoinやStorjなど仮想通貨プロジェクトがありますが、完全にWeb3.0に対応したプロジェクトはSEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)が世界初です。

現在のインターネットの主流であるWeb2.0と比較すると、SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)で制作するWeb3.0サイトはビックテック企業の支配を逃れられます。

プラットフォームはすべてブロックチェーン上に構築され「分散化」されているため、特定の国家や、GoogleやMeta社による一元的な「規制」や「閲覧」とは無縁のコンテンツが作成できるのです。

たとえば、SEARCH PROTOCOLを使うと以下のようなコンテンツが作成できます。

  • 簡単にトークン配布が可能なWeb3.0サイト
  • IDO(イニシャル・デックス・オファリング)プラットフォーム
  • NFTマーケットプレイス
  • 独自コントラクトによって発行するNFT

たとえばSEARCH PROTOCOLの「革命」のひとつに、トークン配布機能があります。

Web2.0の仕組みでは、ウォレットからトークン配布を行う場合、Googleフォームから1人ずつの情報を照会しながら送金作業をおこなう必要があるため、非常に大きなコストがあります。

しかし、SEARCH PROTOCOLで作成したサイトは、簡単に「独自トークンの発行」でき、そのままユーザーに「トークンの配布」まで完了できます。

Web2.0とは比較にならないほどWebサイト上でのトークン配布が簡単になるのです。

以下、そんなSEARCH PROTOCOLが発行する2つのトークン「①SACトークン」と「②ADMトークン」について解説します。

SAC(サック)トークンはSEARCH PROTOCOLのメイン通貨

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) アロケーション

SAC(サック)トークンとは、SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)上でもっとも重要な役割を与えられているメイントークンです。

後ほど詳しく解説しますが、2022年3月22日よりSACトークンのプレセール販売もおこなわれます。

SACトークンには、以下の利用用途があります。

  • サイト制作サービスの月額料金の支払い
  • NFTプラットフォームの決済手段
  • 広告プラットフォームの決済手段
  • Webサイト売買の決済手段
  • SEARCH PROTOCOL運営会社の「株式」への引換券

まずユーザーは、プラットフォーム上の支払いでSACトークンを選択すると料金の5%が割引されます。

また、10,000SAC以上のトークンを保有することで、メキシコにあるSEARCH PROTOCOL運営会社の株式と交換できます。

なお、SACトークンはアロケーション(トークンの振り分け)が決定しています。

  • 総供給量:50,000,000
  • VC:6,000,000(ロック期間1年)
  • プレセール:15,000,000
  • 提携企業:5,000,000
  • 運営:7,000,000(ロック期間2年)
  • 開発者保証:1,500,000
  • 初期デリゲーター運営者:3,500,000

ADMトークンはSEARCH PROTOCOLのガバナンストークン

ADMトークンは、SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)のプロジェクト運営方針を決める際の投票権として機能するガバナンストークンです。

最大で100,000,000枚発行されるADMトークンには、以下の役割が与えられています。

  • DAO(分散型自律組織)の運営方針を決定する「投票権」
  • デリゲーターの投票権
  • シンガポール子会社の株式への交換権

ADMトークンを得るには、以下の4つ方法があります。

ADM獲得方法①初期SACステーキング

  • 供給量:25,000,000
  • APY:72%
  • 配布期間:1年
  • ロック期間:1年

ADM獲得方法②SACステーキング

  • 供給量:25,000,000
  • APY:12%
  • ロック期間:なし

ADM獲得方法③SAC/USDT.eの流動性供給

  • 供給量:25,000,000
  • APY:216%
  • ロック期間:1年

ADM獲得方法④クリエイターへの配布

  • 供給量:25,000,000(※その他詳細は後日公開予定)

SEARCH PROTOCOL内でのADMトークンの入手方法は上記の4パターンですが、ADMトークンは大手取引所への上場の見通しもあるため、上場後に取引所で購入することもできます。ただし、プレセールより割高価格で購入することになる可能性が高いため、注意しましょう。

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) 購入ページ

※上記お申込みページから購入した方を対象に、購入者限定でSEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)の情報交換ができるSACトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します。

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)の3つの特徴

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)の特徴

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)は、多角的なサービスを提供することによりWeb3.0時代の「ハブ」として機能します。

とはいえ、どのような手段でそれを実現するのでしょうか?

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)は以下の特異な強み・特徴があります。

  1. ノーコードでWeb3.0サイトが作成できる
  2. いかなる権力の干渉も受けない「分散型ストレージサービス」
  3. サイトログイン時にパスワードを不要にする「KYC認証」

特徴を1つずつみてみましょう。

SEARCH PROTOCOLはノーコードでWeb3.0サイトが作成できる

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)は、Web3.0に対応したサイトやIDO・NFTプラットフォームの作成をノーコードで実現します。

WordPressをはじめ従来の制作プラットフォームでは、Webサービスを開発するには、高度なプログラミングの知識が必要でした。

しかしSEARCH PROTOCOLでは、Elementorのビジュアルビルダーを使用し、Webサイトを直観的に作ることができます。これは今後数年で到来するWeb3.0時代に、すべてのサイト開発者が喉から手が出るほど欲しがる機能です。

またWebサイト構築に必要なガジェットやウィジェットは、独自のNFTプラットフォーム内で販売され、SACトークンを用いて購入することができます。

めまぐるしく変化するトレンドにより、NFTガジェットの価格が変動することも考えられます。

つまり、サイトに必要なガジェットやウィジェットを作成してNFTとして販売したり、投資目的で保有したりできます。これはWeb3.0時代では当たり前になるでしょう。

さらには、SEARCH PROTOCOLで制作したWebサイトは「NFT」として取り扱われます。金融商品に投資する感覚でWebサイト(NFT)に投資し、購入金額に応じたWebサイトから収益分配を獲得することができます。

これこそ、Web3.0時代にSEARCH PROTOCOLがもたらそうとしている革命です。

SACトークンは、Creative to Earn(Webサイトを作って稼ぐ)という新たな収益源を追求

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)は、Webサイトを制作することでSACトークンを稼げる仕組み「Creative to Earn」を採用しています。

Webサイトの作り手は公開後、読者がWebサイトにウォレットを接続することでSACトークンを報酬として獲得できる仕組みになっています。

なお、「Creative to Earn」で稼げるSACトークンは、サイトオーナーが保有するSACトークン数によって以下のように変動します。

SACトークン保有数 報酬倍率
1,000SAC 1.2倍
5,000SAC 1.5倍
10,000SAC 2倍
20,000SAC 3倍
50,000SAC 5倍
200,000SAC 10倍

※こちらの保有数はステーキングにプールしているSACトークンも含まれます

つまり、サイトオーナーが保有しているSACトークンが多いほど、Creative to Earnで稼ぎやすくなります。

ただし、以下のように「稼げる金額の上限」が設けられているので注意しましょう。

Phase 上限日数 SACトークンの上限
1 5か月 500,000SAC
2 5か月 1,500,000SAC
3 6か月 3,000,000SAC
4 5か月 4,000,000SAC
5 5か月 3,000,000SAC

たとえばPhase1であれば、5か月の間に稼げるSACトークンが500,000SACまでに制限されています。

近年、ゲームをプレイして稼げる「Play to Eran」や、運動して稼げる「Move to Earn」に大きな注目が集まっていますが、これはトレンドの氷山の一角に過ぎません。SEARCH PROTOCOLは、「Creative to Earn(Webサイトを作って稼ぐ)」こそ、非常に合理的であり、必ず到来するトレンドであると考えているのです。

SACトークンはいかなる権力の干渉も受けない「分散型ストレージサービス」を支える

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)で作成されたWebサイトなどのコンテンツは、SEARCH PROTOCOLが提供する分散型ストレージに保管されます。

分散型ストレージとは、ブロックチェーンを使用してデータの保管場所を分散化させる施策です。たとえばビットコインは取引台帳がブロックチェーンに保存されていますが、SEARCH PROTOCOLはあらゆるWebサイトデータをブロックチェーンを活用して非中央集権的に保存します。

保管場所を分散化させることで、「ある1つの情報」を閲覧するために多くのノードによるコンセンサス(合意形成)を得なければならなくなります。

そのため、特定の運営企業や国家による強制的なデータの削除などは起こり得ず、データはあくまで「所有者」の権利が守られます。

スマートフォンの普及が引き金となり、世界の「データ流通量」は2001年から2016年にかけて約165倍の増加をみせています。

その多くは、AWS(Amazonウェブサービス)やGCP(Google Cloud)のような中央集権的なクラウドサービスに保存されています。

これは、Web2.0時代の大きなデメリットです。

2021年、Fasebook社が社名を「Meta社」へ変更した数日後、Meta社は子会社が運営するインスタグラムで「Metaverse」の文字を含むアカウントのサービスを突如停止しました。社名変更にともなう何らかの都合により、不正にアカウントを削除したのではないかとの憶測が飛び交いました。

SEARCH PROTOCOLは分散型ストレージを採用しているため、利用者の匿名性が確保されるだけでなく、このような第三者によるデータの不正操作は起こり得ません。

SACトークンはサイトログイン時にパスワードを不要にする「KYC認証」を実現する

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)では、Webサイトの制作者と閲覧者の両者にとって安全なWeb空間を構築する「KYC(Know Your Customer)」やサイトへのログインを非常に簡略化します。

多くのWeb3.0サイトがウォレットをコネクト(接続)するだけでログインできるように、SEARCH PROTOCOLで作成されたサイトはすべて、IDとパスワードによる「ログイン」から開放されます。

シングルサインオンをすべてのWebサイトが簡単に実装できるようにすることは、SEARCH PROTOCOLの挑戦です。

分散型取引所を利用する際に、MetaMaskなどのウォレットを接続(Connect)します。その際にパスワードが不要であるのも、SEARCH PROTOCOLの「KYC認証」と同様の仕組みです。今後数年で、このようなサイトは急増します。その多くは、(ほとんどの人は意識することはありませんが)SEARCH PROTOCOLで作成されたものになるでしょう。

SEARCH PROTOCOLの「KYC認証」には以下のようなメリットがあります。

  • SEARCH PROTOCOL内で作成されたサイトはすべてログインだけでなく「ユーザー登録」も不要
  • サイトオーナーの資産(仮想通貨、NFT)を簡単に証明できる
  • NFTを保有しているか否かで、サイト閲覧制限がかけられる

ブロックチェーンベースのKYC認証の概念は、IBMのような大手IT会社でもすでに実装されています。

Web3.0系サービスが増加し続ける中、このような仕組みを簡単に導入できるSEARCH PROTOCOLの需要が高まることは疑いようがない事実です。

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) 購入ページ

※上記お申込みページから購入した方を対象に、購入者限定でSEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)の情報交換ができるSACトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します。

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)の今後の将来性が期待できる6つの理由

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)の今後の将来性が期待できる6つの理由

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)のSACトークンの価格は今後高騰する可能性が高く、今後の将来性も非常に高いといえます。

その客観的な理由は以下のとおりです。

  1. 急成長中の「Web3.0」特化銘柄であること
  2. OpenSea、Shopify、WIXの顧客をターゲットにしている
  3. 急成長中のAvalanche上で稼働している
  4. 各国からデリゲーター運営の希望が殺到している
  5. 企業への巧みな戦略的アプローチと手数料戦略
  6. Burn(バーン)により希少性が高まるトークン設計

1つずつ解説していきます。

サーチプロトコルの高い将来性①急成長中の「Web3.0」特化銘柄

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)は、トレンドワードとしても注目されている「Web3.0」関連銘柄であり、市場の成長に伴った価格高騰が期待できます。

Web3.0とは、ユーザー主体を実現するため、ブロックチェーンを用いて構築された非中央集権型のネットワークを指します。

Web3.0に対してWeb2.0は、ビックテック企業による「中央集権型」の体制を構築しており、ユーザーではなく企業や創業者が主体でした。

しかし、Web3.0時代の到来により、ユーザーは組織や企業に依存することなくなります。

これこそ、現在進行形で急速に進む「Webの民主化」です。遊んで稼げるPlay to Earnの代表作「Axie Infinity」は、その一例です。自身の仮想通貨ウォレットを繋ぐことで「ログインなし」でプレイでき、個人情報を誰にも預けることなく、Play-to-Earn(ゲームを遊んで稼ぐ)世界を実現しました。

Axie Infinity内で流通しているAXSトークンは、2021年に50円から一時期12,000円まで価格を上げ、約350倍も価格を高騰させています。

しかし、そんなAxie Infinityですらこれから無数に台頭してくる「Web3.0サービス」のたった1つに過ぎません。

SEARCH PROTOCOLは、あらゆるWeb3.0サービスのハブとなる「Web3.0特化型プラットフォーム」です。

その主要トークンであるSACトークンは、あらゆるERC-20系のトークンの同じくハブとなっているイーサリアム(ETH)に匹敵するトークンであるといっても過言ではありません。

サーチプロトコルの高い将来性②OpenSea、Shopify、WIXの顧客をターゲットにしている

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)は、Web3.0という「未来のインターネットのすべて」ともいえる途方もなく大きなマーケットに挑みます。

しかし、それは雲をつかむようなものではなく、むしろターゲットとなる顧客はすぐそこに存在しているのです。

ノーコードでWeb3.0サイト、Web3.0NFTプラットフォームを作成したい

このように考えるのは誰でしょうか?

それは、SEARCH PROTOCOLの「Web2.0版」とも言える、OpenSeaやShopify、WIXが囲んでいる「顧客」です。

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) OpenSea Shopify WIX

  • OpenSea(NFTマーケットプレイス):月間流通額約4,000億円、ユーザー約100万人
  • Shopify(ノーコードECサイト制作サービス):年間売上約3,100億円、ユーザー約1億人
  • WIX(ノーコードWebページ制作サービス):年間売上約1,500億円、ユーザー約2億人

実は、OpenSeaはWeb3.0に密接にかかわりつつも、そのサイトは「Web2.0企業」のインフラの上に構築されています。

OpenSeaなどのWeb2.0サービスは、多くの顧客を「中央集権的サービスに囲い込む」ビジネスモデルであるため、民主的なWeb3.0サービスに変更するメリットがありません。

つまり、すでに有力な企業ほどWeb3.0への参入障壁が高くなっているのです。

また仮想通貨市場には、SEARCH PROTOCOLのライバルとなるFilecoin(時価総額 約3691億円)やCivic(時価総額 約229億円)のように、Web3.0要素を部分的に取り込んでいるプロジェクトが存在します。

しかし、サイトをWeb3.0的に「作る、保管する、承認する」の3つを包括的に扱うプロジェクトは存在しません。

こうしたことが、Web3.0界からユニコーン企業(時価総額10億ドル以上)は未だ誕生していない理由です。SEARCH PROTOCOLには、明確なライバルが存在しません。あるのは、ただWeb3.0に精通した投資家のあきれ顔と、投資家が持つ行き場をなくした巨額のマネーだけです。

「Web3.0」がトレンドワードになっている海外ですら、その本質を深く理解している業界関係者はほとんどいません。

そうした無知により、SEARCH PROTOCOLもしばらくは「高い技術力はあるものの、地味なプロジェクト」に甘んじることになるでしょう。

しかし数年以内、早ければ2022年後半には「Web3.0系プロジェクト」は地味なトピックではなくなります。

多くの投資家がWeb3.0で何が起きているかを知ったとき、SACトークンはかつてない輝きを放つでしょう。

サーチプロトコルの高い将来性③急成長中のAvalanche上で稼働している

SACトークンの将来性が高い理由③Avalancheで稼働するプロジェクト SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)は、高性能なスケーリング性能をもつプラットフォーム「Avalanche(アバランチ)」を採用しています。

Avalancheはイーサリアムキラーと呼ばれており、バンク・オブ・アメリカ(BofA)もレポートで2021年初からAVAXトークン価格が2800%以上増加、226億ドル(約2兆6000億円)に達しており、イーサリアムを代替するにふさわしいと述べています。

Avalancheとイーサリアムなど主要ブロックチェーンの性能の差を以下の表にまとめました。

SACトークンの将来性が高い理由③Avalancheで稼働するプロジェクト SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)

Avalancheはデリバティブ取引所の創業者であるサム・バンクマン・フリード氏が推したプラットフォームであるほか、以下のように数多くの企業から出資を受けています。

  • Andreessen Horowitz(a16z)
  • BITMAIN
  • POLYCHAIN CAPITAL
  • Dragonfly Capital
  • NGC VENTURES
  • GALAXY DIGITAL

上記の中でも、世界初のWebブラウザ「Mosaic」を開発したマーク・アンドリーセン氏が創業した「a16z」は、当時無名だった数多くの企業にいち早く出資しており、その先見性が評価されています。

一例として、a16zは以下のような企業に出資していました。

  • Axie Infinity
  • Meta4
  • Coinbase
  • Dapper Labs

現在の仮想通貨市場を代表する数々のプロジェクトへ出資をおこなってきている「a16z」のお墨付きを得ているのは、SEARCH PROTOCOLではなくAvalancheです。

しかしそのAvalancheを採用していることは、SACトークンの長期的に成長に大きなメリットをもたらします。

ちなみに、AvalancheのチームにはMicrosoftやGoogle、NASAなどの大手企業出身者が在籍しており、多大なバックアップを受けています。とはいえ、そんなAvalanche上で稼働するプロジェクトはまだとても少ないため、SEARCH PROTOCOLにも今後出資が集中することになるでしょう。

サーチプロトコルの高い将来性④各国からデリゲーター運営の希望が殺到している

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)によって制作されたWebサイトは、不適切なサイトの削除や監視をおこなう「デリゲーター」によって管理されます。

デリゲーターはビットコインのマイナーのように、SEARCH PROTOCOLの取引が正当なものかを「承認」する役割があります。

デリゲーターには報酬としてSACトークンが分配されることになっており、すでにSEARCH PROTOCOLは各国から数多くのデリゲーター参加要望が寄せられています。デリゲーター申請するためには、5万以上のSACトークンが必要となるため、ローンチ前にはSACトークンの需要が高まり、価格高騰が期待できます。

とはいえ、デリゲーターは重要な役割であるため、誰もがなれるわけではありません。その条件は以下の通りです。

  • デリゲーター数:最大11の組織および個人
  • 申請条件:5万SAC以上のステーキング
  • ローンチ後:1万SAC以上のステーキング
  • 分配額:最大3,500,000SAC

また、デリゲーターがSACトークンで報酬を受け取る流れは以下のとおりです。

  1. ユーザーがSEARCH PROTOCOLで構築されたサイトを「更新」する
  2. デリゲーター運営者がそれを「承認」する
  3. デリゲーター運営者がSACトークンによる「報酬」を受け取る

なお、SEARCH PROTOCOLはDAO(分散型自律組織)を採用しているため、トークンホルダーによる投票で否認されると、該当するデリゲーターは稼働を停止しなければなりません。

サーチプロトコルの高い将来性⑤企業への巧みな戦略的アプローチと手数料戦略

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)は、各種手数料設定や企業へのアプローチによってプロジェクトとしての収益の最大化を図っています。

たとえば、SEARCH PROTOCOLでは各種プラットフォームを利用する際に、以下の各種手数料が発生します。

  • サブドメイン利用手数料:ガジェットを除いて無料
  • NFTプラットフォーム手数料:1%~5%
  • 広告プラットフォーム手数料:3%~20%
  • 投資プラットフォーム手数料:1%~3%

手数料はSEARCH PROTOCOLの主な収益源です。たとえば、2021年のNFT取引総額は約4.7兆円を記録しました。「NFTプラットフォーム手数料」のみでも、大きな手数料収入を得られ、SACトークン保有者への還元が期待できます。

また、SEARCH PROTOCOLは企業向けの営業戦略にも長けており、すでに以下の成果を得ています。

  1. デリゲーター運営を企業に対して募集をかけており、すでにアメリカやメキシコなどの企業からオファーがある
  2. 世界各国でSEARCH PROTOCOLの「サービス代理店」を募集しており、法人個人合わせて100以上の問い合わせがある
  3. YouTubeやTwitterで広告を展開し、潜在的なSACトークンホルダーへ長期的アプローチをおこなう見通しが立っている
  4. 仮想通貨プロジェクトとパートナーシップの見込みがあり、将来的には正式アナウンスも予定されている

また、SEARCH PROTOCOLのシンガポール子会社は、2024年にシンガポール証券取引所「SGX」へ上場を目指しています。

なお、その上場株式の15%はADM保有者に分配するために確保されています。上場後の最低時価総額はSGXの基準を考慮して300億円を予想しているため、45億円分の株式がADM保有者に渡る予定です。

サーチプロトコルの高い将来性⑥Burn(バーン)により希少性が高まるトークン設計

SACトークンはデフレトークンと呼ばれる、総供給量がBurn(バーン)により減少するタイプの仮想通貨です。

具体的には、取引手数料の5%にあたるSACトークンが取引毎にBurnされます。例えば、SEARCH PROTOCOL内で100億円の取引が成立し、手数料が5億円発生すると、その5%の2,500万円がバーンされることになります。

Burnがおこなわれると、流通するSACトークンの総枚数が減少するため、1枚あたりの希少価値が高まり、価格上昇を強力にうながします。

さらに、SEARCH PROTOCOLのSACトークンは、以下のように他のプロジェクトの比較すると最大供給量が非常に少ないという特徴があります。

名称 BTC AXS SAC
最大供給量 21,000,000 270,000,000 50,000,000
現在価格(2022年3月18日) 4,843,000,000円 5,944円 $0.7(約82円)

Burnシステムの導入と少ない発行枚数により、通貨の希少性を最大限に強調している点は、SACトークンの重要な特色です。

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) 購入ページ

※上記お申込みページから購入した方を対象に、購入者限定でSEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)の情報交換ができるSACトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します。

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)の運営企業・運営者情報

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)の運営情報

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)の公式サイト及びSNSは以下のとおりです。

SEARCH PROTOCOLの創業者は、バザン・デルガドジャン・ポール(BAZAN DELGADO JEAN PAUL)です。

  • 代表:BAZAN DELGADO JEAN PAUL
  • 住所:Monte Pelvoux 220, Piso 3, Lomas – Virreyes, Lomas de Chapultepec IV Secc, Mexico City, Ciudad de México, 11000

バザン・デルガドジャン・ポールの自己紹介コメントを以下に抜粋します。

「私はメキシコのスタートアップで初のユニコーン企業であるカバックでIT開発を担当していました。2022年にWeb3.0の可能性に魅せられ、考えていたコンセプトを実現するためにSEARCH PROTOCOLを立ち上げました。Web3.0は今後間違いなくトレンドとなり、インターネット上で革命が起こります。私たちの生活にとってこれ以上の変化はないでしょう。しかし、この事実を知っている人はほとんどいません。現在、『Web3.0とは何か』を説明できる人はほとんどいません。私たちはこのときを待っていたのです。皆さんと一緒にこの世界の波に乗りたい、必ず成功するはずです。」

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)の提携先

GENKI RABBITS

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)は2022年3月25日、メタバースNFTプロジェクトの1つであるゲンキラビット(Genkirabbits)とのパートナーシップ締結を発表しました。

提携先のゲンキラビット(Genkirabbits)は、魔法の卵とウサギを組み合わせた5,000匹の魔法ウサギで構築されるNFTプロジェクトです。

ゲンキラビット(Genkirabbits)とサーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL)の提携により、マーケティング活動に新たな可能性とアイディアをもたらし、プロジェクトを更に成長させるでしょう。

ゲンキラビット(Genkirabbits)の公式サイト及びSNSはこちらです。

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)のロードマップ

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)のロードマップ

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)は、2022年Q1(第1四半期)~2023年Q1(第1四半期)までのロードマップを公開しています。

2022年Q1

  • オフィシャルコミュニティ運営開始
  • IDO(分散型取引所での資金調達)実施
  • Trader Joe(AMM型取引所)への上場
  • WordPress対応プラグイン制作開始
  • ノーコード開発サイト制作開始

2022年Q2

  • ステーキングサービス開始
  • AMA(ask me anything/質問会)の開催
  • パートナーシップ締結の発表
  • ノーコードDevサイトをローンチ
  • Webサイトとウォレットアドレスのリンク機能

2022年Q3

  • ウォレットを利用したシングルサインオン機能実装
  • NFTマーケットプレイスのローンチ
  • IDO(分散型取引所での資金調達)ガジェットリリース
  • WordPressプラグインのローンチ
  • スマートコントラクト監査
  • マルチチェーン対応
  • Tier2(中堅の中央集権型仮想通貨取引所)への上場

2022年Q4

  • 分散型ストレージサービスの構築を開始
  • KYC認証サービスの構築を開始
  • 事業会社の株式転換サービス開始
  • Tier1(世界最大級の中央集権型仮想通貨取引所)への上場

2023年Q1

  • 分散型ストレージサービス開始
  • ステーキングv2開始
  • SAC DAO運営開始

SACトークン(SEARCH PROTOCOL/サーチプロトコル)のプレセール情報

SACトークン(SEARCH PROTOCOL/サーチプロトコル)は、2022年3月22日19:00(日本時間)~2022年4月17日23:59の日程でプレセールを実施します。

  • 販売枚数:15,000,000SAC
  • 1SACトークン価格:$0.7
  • 最低購入価格:1,500SAC(1,050USD)
  • ロックアップ:あり
  • 購入通貨:イーサリアム(ETH)、Avalanche(AVAX)、バイナンスコイン(BNB)

SACトークンにはロックアップがあるため、購入時に100%のトークンが配布されるわけではありません。

2022年5月末に15%、6月末に15%、以降月末毎に10%ずつ配布し続けます。

これは価格暴落を防ぎトークン価格を堅調に推移させるための施策であり、長期的なSACトークンの価格上昇に寄与します。

SACトークン購入に1人あたりの最大購入金額は設定されておりませんが、販売枚数の15,000,000SAC(約12億円)に到達次第、プレセールでのトークン販売は終了します。

なお、SACトークンはプレセール後にIDO(分散型取引所での資金調達)と上場を予定しています。IDOでは、プレセールよりも高額な価格で販売されるため、プレセール期間内にSACトークンを知った投資家はプレセールへの参加がもっともお得です。

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) 購入ページ

※上記お申込みページから購入した方を対象に、購入者限定でSEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)の情報交換ができるSACトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します。

SACトークンの購入方法(操作方法)

SACトークン(SEARCH PROTOCOL/サーチプロトコル)のプレセールでの購入方法について図解でわかりやすく解説していきます。

はじめに、その手順をおさらいしておきましょう。

  1. ETH、BNB、AVAXのいずれかが入っているウォレット(メタマスクなど)を用意する
  2. SACトークン公式お申込みページでウォレットを接続
  3. 購入手続きをおこなう

1つずつ解説していきます。

SAC購入手順①ウォレット(メタマスクなど)を用意する

SACトークンはイーサリアム(ETH)、Avalanche(AVAX)、バイナンスコイン(BNB)のいずれかで購入できます(BNBはBinance Smart Chain規格のみ)。

まずは、これらのトークンが入ったウォレットを用意しましょう。

推奨ウォレットはMetaMask(メタマスク)です。MetaMaskは、ETH、AVAX、BNBのすべてに対応しています。以下、MetaMaskを例に解説します。

SAC購入手順②公式お申込みページでウォレットを接続

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)公式サイトへアクセスし、画面中央の「CONNECT WALLET(接続)」をクリック。

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)

ウォレットの選択画面に移るので、「MetaMask」を選択しましょう。

MetaMask

 

するとMetaMaskが起動するので、MetaMaskのパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン) 購入方法(操作方法) メタマスク

続いて、「接続」をクリック。

SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン) 購入方法(操作方法) メタマスク

これで、SACトークンお申し込みページとMetaMaskの接続作業が完了しました。

SAC購入手順③購入手続きをおこなう

続いて、SACトークンの購入手続きをおこないます。

まずは「Send(送信)」に購入金額(ETH建て数量)を入力しましょう。すると「Receive(受け取り)」にレートに応じたSACトークンの枚数が表示されます。

SACトークン

確認の上、「BUY SAC(SACを買う)」をクリックしましょう。

これで、プレセールでSACトークンの購入は完了です。

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) 購入ページ

※上記お申込みページから購入した方を対象に、購入者限定でSEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)の情報交換ができるSACトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します。

SACトークンの買い方(動画版)

SACトークン日本語版ツイッターでは、SACトークンの買い方(スマホでの買い方/パソコンでの買い方)の動画を投稿しています。

上記の解説でご不明な点がある方は、合わせて以下も参考にしてみてください。

サーチプロトコルの「よくある質問」

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)に関するQ&Aをまとめています。

Q:SACトークンのコントラクトアドレスを教えてください

AVAX Cチェーンの「0xcE983dC04135107CA9E59fE8102E07DA5d133937」です(送金先アドレスではありませんので、こちらへの送金は厳禁です。MetaMaskなどのウォレットでSACトークンを表示させるために必要な文字列となります)。

ただし、ウォレットでSACを表示させるためには、事前にAvalancheネットワークをメタマスクに追加しておく必要があります。その方法は、以下の「AvalancheネットワークのAVAXはメタマスクに追加可能ですか?」をご覧ください。

Q:AvalancheネットワークのAVAXはメタマスクに追加可能ですか?

はい、MetaMask(メタマスク)に追加可能です。以下をご参照ください。

  • Network Name: Avalanche Network
  • New RPC URL: https://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
  • ChainID: 43114
  • Symbol: AVAX
  • Explorer: https://snowtrace.io/

Q:SACトークンは取引所に上場していますか?

すでにTraderJoeに上場しているほか、2022年末までにTier1(世界最大級の中央集権型仮想通貨取引所)への上場も見込んでいます。

SACトークンの価格はこちらのTraderJoeのページから確認できます。

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)各種SNS一覧

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) LINE公式アカウント

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) ツイッター

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) オープンチャット

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル) 購入ページ

仮想通貨ブログにて影響力のある「BitMoonGold」ブログでも取り上げられております。

また、SEARCH PROTOCOLとあわせて「MUTEKI(ムテキ)仮想通貨取引システム」と、「インフィニティエンジェル(ING)日本KOL公認サイト」もチェックすることをおすすめします。